東京観光タクシードライバーについて

観光タクシーは旅先で自分の思いのままの時間を過ごすことができるということで話題になっています。通常のタクシーと比べて料金体系が安いということもあり、利用者が増えてきています。また、ドライバーはその土地の地理に詳しいので、渋滞に巻き込まれることなく目的地に到着することができるようになり、時間的なロスをなくすことが可能になります。希望の時間に空港や駅などに迎えに来てもらうこともできますので、仕事の際に観光タクシーを使う人も増えてきています。

また、日本がグローバル化の時代を迎えつつあり、多くの外国人が訪れるようになりました。このような時代にニーズに即応するために、外国語が堪能なドライバーの存在も不可欠になってきています。特にオリンピック開催が予定されている東京においては、世界各地からの来訪が予測され、多様化したタクシードライバーが求められています。

そのようなニーズに対応するためや、観光タクシーのサービスを向上させる目的で、東京においては東京観光タクシードライバーの認定制度を導入しています。東京観光タクシードライバーとして認定されるには以下の3つの検定と研修を完了させる必要があります。一つ目の検定は東京シティガイド検定です。これは財団が主催する検定制度で、東京の魅力を正しく発信することができるかどうかの検定が行われています。二つ目はユニバーサルドライバー研修で、高齢者や身体障害者の方にむけて適切な対応をドライバーとして行うための研修となっています。三つ目は東京観光タクシードライバー認定研修で、これは社団法人が主催する研修でドライバーとして身に着けておかなくてはならない基本的なマナーを研修することになっています。

このような東京での取り組みは観光タクシーのサービス向上のために全国規模での広がりを見せるようになってきています。更には、タクシーのサービス向上によって多くの観光客が国内だけでなく海外からもやってくるようになると期待されています。日本は島国ですが、海外からの来訪者の存在なくしては成り立たない国際情勢になってきています。時代の流れに即応する意味で、大きな注目を集めるようになってきている観光タクシーのドライバーの役割はますます重要なものになってくるでしょう。更には、日本国内においても多くの利用者がその満足度を求めてタクシーを大いに活用するようになっていくことが容易に想像される時代になってきているのです。愛媛県行ってみない?